2011年3月21日

幸せ

幸せはどこにあるのでしょうか? 
お釈迦さまは 「あなたの心です」 とおっしゃいました。

生命がいちばん欲しがっているものは、幸せです。
このことを否定する人はいないでしょう。

しかし、幸せは簡単に得られるものではありません。
幸せは、物質にたいする欲望や
感情(貪り・怒り・無知)に依存することをやめたとき、
得られるのです。

スリダンマナンダ長老

2011年3月16日

他人を守れば自分が守られる。自分を守れば他人が守られる

私たちは、世の中の多くのことを コントロールすることができません。
突然の変化や、さまざまな影響、予測できないことが襲いかかってきて、
私たちを失望させます。

しかし、
 「他人を守れば 自分が守られる。
 自分を守れば 他人が守られる」
という お釈迦さまの言葉を 常に心に留めておくなら、
みながお互い守り合い、役立ち合うことができるでしょう。

スリダンマナンダ長老

2011年3月15日

慈しみの思考

「慈しみの思考」 が 幸福の鍵です。
どんな人にも 「慈しみを与え 慈しみを受けとる」と いう潜在能力があります。
人間は 潜在的に 「慈しみの宝庫」 です。
慈しみの思考で、正しくものごとを考えているなら、心の幸福が得られるでしょう。

スリダンマナンダ長老

2011年3月11日

心の制御

怒ったとき、
その怒りに気づかなければなりません。
自分を怒らせた相手や対象に注意を向けるのではなく、
怒りを一つの心の状態として観察するのです。

怒りを観察して分析できるよう、
心を訓練しなければなりません。
自分の心を 絶えず分析する訓練をおこなうことによって
「自分は心を制御できる」
という大きな自信が育ちます。
そして、愚かで理性のない行為はやらなくなるでしょう。

スリダンマナンダ長老