2013年9月1日

道徳と集中

道徳や戒律を守りながら瞑想すると、欲・怒り・無知がだんだん弱まっていくことが経験としてわかるでしょう。

瞑想が進むにつれ、道徳を守ることのメリットが理解できるのです。

これが理解できると、自分を高く評価することも、他人を軽んじることもなくなります。

気づき、慈しみ、喜び、落ち着きなど、謙虚で公平、清らかな心のほうが、不純で汚れた、偏見のある、落ち着きのない、騒々しい心よりも、集中力を簡単に育てられる、ということが理解できるのです。

マインドフルネスを越えて ー集中と気づきの正しい実践』
バンテ・H・グナラタナ(著)より