2013年11月30日

絶えまなく流れつづける現象の変化・・・


絶えまなく流れつづける
現象の変化を観察するためには、
心が安定し、しなやかで、
柔軟で、清らかでなければなりません。
こうした心の明晰さは、

集中した心にのみあらわれるものなのです。
(本文より)

マインドフルネスを越えて-集中と気づきの正しい実践』 
 

2013年11月24日

慈悲の瞑想2

(まず、自分にたいして慈しみを向けることから始めます・・・・・)

自分と同様に、すべての生命が 「幸せになりたがっている」ことを理解したなら、すべての生命にたいして 丁寧に慈しみを育てていきます。

* * * * * *
私が幸せでありますように。苦しみがなくなりますように。

私と同様に、
親しい人も、知らない人も、
嫌いな人も、嫌っている人も、常に幸せでありますように。

この町に住むすべての生命が、   幸せでありますように。
この地方に住むすべての生命が、幸せでありますように。
この国に住むすべての生命が、   幸せでありますように。
この世界に住むすべての生命が、幸せでありますように。

世界に住むすべての人、個人、生命、生きものが、幸せでありますように。
女性、男性、聖者、凡人、神々、人間、低い次元の生命みんなが、幸せでありますように。
あらゆる方角の、あらゆる場所に住む一切の生命が、安穏で、幸福でありますように。
* * * * * *

バンテ. H. グナラタナ著
マインドフルネスを越えて』第4章より




2013年11月23日

『マインドフルネスを越えて―集中と気づきの正しい実践』

http://www.e-hon.ne.jp/bec/SA/Detail?refShinCode=0100000000000033013293&Action_id=121&Sza_id=C0&Rec_id=1008&Rec_lg=100813マインドフルネスを越えて
……過去2000年以上にもわたって、「集中」 と 「気づき」 の二つの道は、十分な根拠のある実践法として体系化され、洗練されてきました。この二つが一緒にはたらいているとき、最も効果的に瞑想は機能するのです。
二つの道とされていますが、実際のところ、道は一つです。事実、ブッダは 「サマタ」 と 「ヴィパッサナー」 を別の道として教えられませんでした一つの瞑想の道であり、「苦を滅するワンセットの道」 として教えられているのです。

ンテ・H・グナラタナ「まえがき」より)

目 次

まえがき
第一章 集中の道
「信」はどのくらい必要なのか? 
なぜ深い集中が必要なのか?
ブッダに倣う 
禅定のロードマップ 

第二章 集中と禅定
どうすれば集中できるのか?
禅定とは何か?
正しい集中(正定)と間違った集中(邪定)
集中と気づき
明晰な理解 ―― 正知
禅定のメリット
禅定の落とし穴

第三章 準備を整える
道 徳
充実感
感覚を制御する
離れること ―― 遠離
気づきをもって観察する
八正道の実践
気づき
五つの力 ―― 五力

第四章 自分と他者への慈しみ
思考と行動で慈しみを実践
五種のタイプの人への慈しみ
なぜ禅定に慈悲が必要なのか?
慈悲の瞑想

第五章 呼吸の瞑想
呼吸のヴィパッサナー(観察)
四大要素 ―― 地・水・火・風
日常生活での瞑想

第六章 なぜ、集中できないのか?
なぜ五蓋が増えるのか?
集中と気づきで五蓋をブロック
五蓋に対処する
呼吸を数える
五蓋の取り除き方
束 縛(結)
五下分結
五上分結
禅定で無明を破壊する
心を観察し、話しかける

第七章 目的を明確にする
無 常
なぜ無常を見ることが重要なのか?
無常を「ヴィパッサナー」で観察する
無常を「禅定」で観察する
無 我
無我を経験するとは?

第八章 禅定のステージ
色界禅定
無色界禅定
出世間定 

第九章 近行定—— 禅定の入り口
瞑想対象を選ぶ
禅定の入り口
集中力の高まり
近行定と呼吸
第一禅定に近づく

第十章 第一禅定
もう一つ別の喜び
第一禅定の五つの要素 ―― 五禅支
善い思考 ―― と伺
禅定における「思考」のはたらき
七つの覚りの要素 ―― 七覚支

第十一章 第二禅定・第三禅定
第二禅定に達する
第三禅定に達する
禅定の熟達
熟達のステップ ―― 五自在
禅定はジャグリングのようなもの 

第十二章 第四禅定
集中と智慧の統合
禅定から出てヴィパッサナーへ?
感覚に基づく「捨」
心の統一に基づく「捨」
光と智
無相・無執着・空
第四禅定を使う

第十三章 無色界禅定
四つの無色界禅定
第一の無色界禅定――「虚空無辺処」(空無辺処)
第二の無色界禅定――「識無辺処」
第三の無色界禅定――「無所有処」
第四の無色界禅定――「非想非非想処」

第十四章 出世間定
聖なる出世間の道
「疑」の消滅
八つの覚りの段階(*預流・一来・不還・阿羅漢)

用語解説

もっと見る ⇒ こちら

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
マインドフルネスを越えて -集中と気づきの正しい実践
著者 : バンテ ・ ヘーネポラ ・ グナラタナ

2013年12月1日 1刷発行
2016年 1月1日  2刷発行


2013年11月13日

Bhante Gunaratana's talks

Is attainment of Jhana a pre condition for the awakening of insight meditation and wisdom?
Is vipassana or insight meditation a more direct and faster way to awaken wisdom?

Bhante Gunaratana at Buddhist library, Singaporeシンガポール. sadhu!