2016年1月18日

気づき

この数年のあいだに何度か手術をされたバンテ・グナラタナ師。
1月6日から1週間ほどDhammaの活動で
シンガポールとマレーシアへ。
滞在中はずっと笑顔で、お元気そうなご様子です。



よくおっしゃっていたこの言葉が思い出されます。

身体は病気なっても
心は病気にならないように”

Photos taken by Nalanda Institute Malaysia

* * * * * * * * * * * *

前に歩くときも、後ろに歩くときも、見まわすときも、
立つときも、座るときも、服を着るときも、
心と身体でするどんな行為にも、
明晰に理解して、気づいてください。


気づいているとき、心には
「好き」「嫌い」と考える余地はありません…

充実感があるのです。

『マインドフルネスを越えて ~集中と気づきの正しい実践』
バンテ・H・グナラタナ(著)より


Sabbe sattā bhavantu sukhitattā



2016年1月14日

心の平和

『心の平和』(K.スリ・ダンマーナンダ著)より

”1945年8月、日本の広島と長崎に、
原子爆弾が落とされました。
この原子爆弾よりも、水素爆弾のほうが、
強大な破壊力をもつと言われています。

科学者たちは、2,3百個の水素爆弾を使用すれば
世界が全滅するという恐ろしいことを考えています。

人が人にたいして何をしているのか、よく見てください!
 
科学の発展が何をもたらしたかを考えてください! 

人間はいかに残酷で利己的になったかを理解してください!

私たちは、攻撃性という本能に従うべきではありません。

そうではなく、争いのない平和な社会をつくるために、
賢者が説く智慧の教えに耳をかたむけ、
道徳的な行為をとることが大切なのです



年頭に原爆投下70年のヒロシマへ
その数日後、
水爆実験のニュースが…




Sabbe sattā bhavantu sukhitattā