2017年4月1日

『春秋』4月号


『春秋』4月号(春秋社)に寄稿しております。
各セッションのエッセンスについて書きました。
よろしければ、ご一読ください。




”私たちはほんの小さな出来事に反応して、主観的な解釈を入れ、思考を膨らませる傾向がある。そのため事実が見えなくなっている……”

”思考というものは本来、事実でも、「私」でも、「私のもの」でもない。雲のように過ぎ去っていく、一時的な現象にすぎないのである……”




******


『今日からはじめるマインドフルネス:心と身体を調える8週間プログラム』は、科学的根拠をベースに、誰でも実践できるように書かれています。



******


☆おまけ思わぬつながり)


昨年11月に刊行された『今日からはじめるマインドフルネス』(春秋社)の著者マイケル・チャスカルソン氏は、イギリスの僧院で仏教を学ばれました(出家もされていました)。
その僧院が、タイの高僧アチャン・チャーの高弟であるアチャン・スメード―が、イギリスに僧院を設立する前に、最初に滞在していた僧院のようです。アチャン・チャーも、この僧院を2度訪れ、法話をされています。



Sabbe sattā bhavantu sukhitattā