2003年5月16日

平 和


人類は、過去数千年のあいだに数え切れないほどの大きな戦争を起こしてきたと言われています。
戦うことは人類の特性なのでしょうか? 
何のために戦うのでしょうか? 
人間はなぜ同じ仲間である人間を殺すのでしょうか?

人類は、次から次へとすばらしい事物を発見し、発明してきました。しかし同時に、新しく発見したものを悪用してきたため、人類の種が滅亡する方向へ進んでしまったのです。

1945年8月、日本のヒロシマとナガサキに原子爆弾が落とされました。

それよりも、水素爆弾のほうが強大な破壊力をもつと言われています。科学者たちは、数百個の水素爆弾を落とせば世界が全滅する という恐ろしいことを考えています。科学の発展が何をもたらしたかを考えてください! 人間はいかに残酷で利己的になったかを理解してください!

私たちは、攻撃性という本能に従うべきではありません。
そうではなく、幸せになるために、「賢者が説く智慧の教え」に耳を傾け、道徳的な行為をおこなうべきです。

K. スリダンマーナンダ長老(著)
出村佳子(訳)

全訳文はこちらでお読みいただけます  ⇒ 「心の平和」

2003年5月16日刊行

生きとし生けるものが幸せでありますように

~**~**~**~**~**~**~**