2010年12月26日

誰かに批判されたとき・・・

アチャン・チャー

人はたいてい自分にとって嫌なことがあると、それを受け入れません。
たとえば誰かが自分を批判したとき、「うるさい、なんで私を責めるんだ!」と考えるでしょう。
これは心を閉ざしている状態です。
まさにここが実践の場なのです。

誰かに批判されたときには、耳を傾けるべきです。
その人が言っていることは事実ですか、と。
心を開き、彼らが言うことを考察するのです。

彼らが言うことは大事なことかもしれませんし、もしかすると、自分には何か非難されるに値することがあるのかもしれません。
彼らは正しいかもしれないのです。

でも、私たちはそのようには考えず、すぐに腹を立てるのです。

誰かに自分の欠点を指摘されたときには、
努力してその欠点を直し、自己を成長させなければなりません。

これが智慧ある人の実践法なのです。

2010年12月21日

8つの立派な性格

ハッタカ・アーラワカ (Hattaka) は、大変人気のある若者で、500人もの仲間を統率する立派なリーダーでした。お釈迦様は比丘たちに、「ハッタカは稀有で立派な性格を8つ身につけています」 と話しました。その8つとは、

 1.仏法僧に対して確信がある(Saddha )
 2.戒律・道徳が完全に身についている(Silava )
 3.悪行為をするのを恥じる(Hirima )
 4.悪行為をするのを恐れる(Ottapi )
 5.学識がある(特に仏教に対して)(Bahussuto )
 6.施す(Cagava )
 7.お釈迦様が説く真理を理解している(Punnaya )
 8.少欲(Apiccho )

2010年12月1日

道徳

財産は 家を美しく、豪華に飾るが  
人を美しく、立派にするのは 道徳 である
服は 身体を美しく飾るが 
人を美しく、清らかにするのは 善い行為 である

外見をいくら飾っても 立派な人間にはなりません。
心を清らかにし、道徳的な生き方をすることによって、
人は立派な人間になるのです。

地位、階級、肌の色、財産、権力が 人を立派にするのではありません。
人を価値ある立派な人間にするのは、道徳です。
  
~スリダンマナンダ長老