2015年11月8日

親と子どものためのマインドフルネス


親と子どものための
マインドフルネス
こころは、どこか海を思わせます。
自然の嵐や雨、太陽は、
海の水面を激しい高波に変えたり、
海の底まで見通せるような、透明で、
なめらかな水面に変えたりします。

こころも同じです。
荒れるときもあれば、
おだやかなときもあります。
とくに、やっかいな気持ちや激しい感情は、
いつでも生まれてくるものです。

このとき、
「いやな気持ちがなくなってほしい」とか、
「いま感じている気持ちではなく、別の気持ちを感じたい」
などと思わないことが大切です。

そうすることで、
こころの天気に気づき、
実際に起きている気持ちに
目を向けることができるのです……。

(『親と子どものためのマインドフルネス6章より)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

2015/ 11/01 第2刷になりました。
心よりお礼申し上げます。