2016年8月22日

アチャン・チャー法話集 目次

第1巻 戒律

心というものは、もともと揺れ動かず、
穏やかなものです。
ちょうど一枚の葉が静止しているかのように――。
風が吹くと、葉は揺れ動きます。
心が揺れ動くのも、心が感覚や感情にとらわれ、
そのあとを追いかけるからです。
あとを追いかけなければ、
揺れ動くことはないのです。

*** 目 次 *** 

本書によせて ジャック・コーンフィールド
はじめに アチャン・アマロー(英国アマラワティ僧院僧院長)

●   「心」について
   ブッダダンマの道

Part1 戒律――道徳と感覚の制御

1  ダンマとともに歩む
2  善い心を育てる
3  感覚との接触――智慧の源泉
4  「律」(ヴィナヤ)の理解
5  スタンダードを保つ
6  なぜ、ここにいるのか?
7  欲の激流
8  二つの道〔世俗と出世間の道〕

用語解説


2016年8月19日

『Patipada』2016年9月号

『Patipada』(パティパダー)2016年9月号

翻訳連載: ダンマを観る
K.スリ ダンマーナンダ長老 法話

Satthā deva-manussanam(天人師)
manussa(人)に備わる能力

『Patipada』2016年9月号

『Patipada』(パティパダー)2016年9月号
根本仏教講義:「恵み」の法則(吉祥経:Maṅgala sutta)
A. スマナサーラ長老 法話
Phutthassa Lokadhammehi, Cittam Yassa Na Kampati
Asokam virajam khemam, etam magalam uttamam.
世間のものごとに触れても、心が動揺しないこと、
憂いがなく、汚れがなく、安らかであること、これが最上の吉祥です

2016年8月18日

幸・不幸は、心がつくる

ふたりが同じできごとを見ているとしましょう。
でも、まったく異なる印象を持っています。

ひとりは 「怖い」と
思い、
もうひとりは 「楽しい」と思いました。

幸か不幸かは、自分の心がつくるのです。


心がつくるものに応じて、
私たちは、楽しんだり、苦しんだりしています。

見方を変えないかぎり、
心は苦しみをもたらします……

『8マインドフル・ステップス』 バンテ・H・グナラタナより

********

重版になりました。
 8マインドフル・ステップス バンテ・H・グナラタナ著(3刷)
 『親と子どものためのマインドフルネス』  エリーン・スネル著(3刷)

心よりお礼申し上げます。